湿式柱状改良工法

湿式柱状改良工法

湿式柱状改良工法とは?

湿式柱状改良工法とは、共回り防止翼の付いた特殊な 掘削翼で土中を掘削し、先端から噴射するセメントミルクと掘削土を 攪拌・転圧して、地中にφ600o〜φ800o程の柱状体を作る工法です。

また、当社では配合ムラの無いセメントミルクを練るためコンピュータ制御の全自動プラントを使用し、 これをグラウトポンプによって流量操作しながら安定圧送します。これにより作られた均一な 品質の柱状体は表面積が大きく、先端支持力以外にも周辺地盤との摩擦力によって大きな支持力を 得ることが出来ます。

この摩擦力によって、柱状体の先端部が硬い地盤(支持層)に到達していなくても、 中間層で建物荷重を支えることが出来ます。


▲施工状況