表層改良工事

表層改良工事

表層改良とは?

表層改良工法とは、地盤の表層部分(基礎下2.0m程度)が軟弱である場合、またはバランスが悪い地盤(切土・盛土にまたがる住宅地盤等、硬さに相違が見られる地盤)の場合等に適した工法です。
建物全体にわたる基礎下の既存土を油圧ショベルによって改良固化材と撹拌し、重機によって転圧を施し締め固めます。
これにより硬くバランスの良い人工地盤を作り上げ、建物荷重を分散・低減します。

表層改良工事

▲ 施工状況

表層改良工事

▲ 施工完了状況