地盤審査登録制度 地盤保証検査協会(地盤保証Gメン[地面])

地盤審査登録制度 地盤保証検査協会(地盤保証Gメン[地面])は、
戸建住宅、店舗併用住宅、事務所、店舗、集合住宅(アパート)、公共施設まで対応する
ワイドな地盤保証です。

地盤保証検査協会(地盤保証Gメン[地面])の特徴

1. 地盤保証検査協会の地盤保証期間は保証書に掲載された登録日より10年間 + 10年間です。
2. 「一般社団法人 地盤保証検査協会」は、ある一定の地盤調査・解析・設計/地盤補強工事の技術力を持った地盤調査会社、地盤補強工事会社を限定して「指定地盤調査会社」に認定しています。
3. 地盤調査は「一般社団法人 地盤保証検査協会」認定の一級、二級地盤検査技士または「一般社団法人 地盤保証検査協会」が認めた者が行います。
4. 指定地盤調査会社が地盤調査・解析・設計/地盤補強工事等を行い、かつ「一般社団法人 地盤保証検査協会」がその内容について「審査」、「適合」と判断したものについて地盤保証を行います。

一般社団法人地盤保証検査協会:不動沈下が原因で地盤が崩壊した場合

地盤保証検査協会(地盤保証Gメン[地面])の地盤保証内容

(1) 対象物件

「地盤保証」対象物件の範囲は、新築・増築の建物で次に掲げるものを言います。

用  途: 戸建住宅、店舗併用住宅、事務所、店舗、集合住宅(アパート)、公共施設等
対象面積: 1階床面積100坪(330u)以下
階  数: 地下1階+地上3階の建物まで
構  造: 木造、非木造(鉄骨・RC・PC)等の建物
※上記の他、「地検協」が認めた住宅・建物。

(2) 保証内容

万一「不同沈下」事故が発生した場合、当該地盤の損壊および当該地盤上の「建物」本体の基本構造部分の損壊の修復費用に関して建物・地盤で最高5,000万円(地盤のみ2,000万円)までの修復費用を引受保険会社を介して補償します。(免責なし100%補償)

1. 保険種目:賠償責任保険
不同沈下に起因する調査対象である地盤自体の損壊および建物について、「地検協」の「指定地盤調査会社」が施主に対して損害賠償責任を負担することによって被る損害を担保する保険
2. 保険契約者・被保険者
保険契約者:一般社団法人 地盤保証検査協会(指定地盤調査会社)
被保険者:指定地盤調査会社(賠償責任を負担する者)

※「不同沈下」とは、建物構造の主要部分の不同沈下量が1000分の5の比率を超えている場合を言います。
※「建物」とは、「指定地盤調査会社」による地盤調査、解析および設計に基づいて施工された建物に限ります。

一般社団法人地盤保証検査協会のホームページへ

↑詳しくは一般社団法人地盤保証検査協会のホームページへ↑