鋼管杭圧入工法(アンダーピニング工法)

アンダーピニング工法は不同沈下が終息していな場合に適した工法です。
長さ1.0m程度の鋼管杭をつなぎながら、基礎下に装着したジャッキによって圧入し、支持層に貫入し支持杭とします。
また、沈下修正だけでなく、建物に隣接して掘削が行われる時など、工事による影響から地盤が沈下する恐れがある時には、 あらかじめ沈下事故に対する防護策としてもアンダーピニング工法は用いられています。

鋼管圧入工法(アンダーピニング工法)

施工手順

沈下測定

建物の沈下状況の確認を行い地盤調査より、地盤状況を把握します。

基礎下掘削・ジャッキセット

基礎下掘削完了状況

鋼管圧入

鋼管圧入状況

打設完了

基礎下掘削部分
埋め戻し

基礎下掘削部分を砕石や砂、発生土等で埋め戻します。

ジャッキアップ部分
充填

ジャッキ取り外し後、コンクリートまたは モルタルを充填し、ジャッキアップ部分を埋めます。

完了

鋼管杭の打設終了後、建物内床の不陸調整(左写真参考)を行い完了とします。(プラ束による調整状況)